能登の伝統

能登半島の人々は日本海に突き出たその地形、風土を活かし、様々な技術を生み出してきました。それはまさに生きる知恵。

一年中湿度の高い能登半島の気候をいかしてつくられる輪島塗や、外浦の日照時間の長さをいかしてつくられる揚げ浜式塩田の塩、多湿の気候から毛羽立ちや糸切れがしにくいため盛んとなった織物の技術など、たくさんの伝統技術が残っています。

サイト内検索