釣り場案内
能登半島 海釣り大会
釣り場案内
のと発
名人ブログ
全日本学生釣り選手権大会
全日本学生釣り選手権大会
沿岸波浪予想図
リンク
 
お天気情報 海でのマナー 漁師料理レシピ 海の幸おみやげ 釣果情報
能登半島

 県外の釣り人から「能登でクロダイが釣れる場所はどこ?」と尋ねられるたびに、いつもボクは「能登でクロダイが釣れない場所はありませんよ」と答えています。郷土愛にあふれた(?)地元釣り師の独断と偏見と思われるかもしれません。季節的なことや釣り人の腕(?)もあるので「必ず釣れる!」とまでは言い切りませんが、能登のクロダイはどこにでも居るのです。

 加賀海岸から金沢、羽咋まで、千葉県の九十九里浜にも似た長大な海岸が続き、砂浜や堤防からの投げ釣りやウキ釣りでクロダイを狙うことができます。半島西部は渚釣りも可能なオールラウンドなフィールドと言ってよいでしょう。

 また、富来から朝市で有名な輪島や奥能登の珠洲市にかけての外浦北部一帯は、対馬海流がまともにぶつけ、男鹿半島のような荒々しい磯場が延びています。能登内浦海岸は深さ1000mの深海から海洋深層水が湧き上がる富山湾に面し、クロダイの魚影は半島でも随一のエリアです。

 晴れた日は空いっぱいに立山連峰を望める景観も魅力。

 五島列島を連想させる深い入り江で構成された穴水湾、能登島を中心とした七尾湾は、内湾特有のシビアなクロダイ釣りが楽しめます。

 そう。能登半島には全国各地のクロダイ釣り場があるのです。ウキフカセだけではなく、イカダ&カセ釣り、投げ釣り、落とし込み釣りも盛んに行われています。

釣り風景

 能登のクロダイは四月半ば頃から釣れますが、地元の釣り人は四月の声を聞くとソワソワ落ち着かなくなり、磯や堤防へ向かいます。能登の乗っ込みは対馬海流が温かい水を運ぶ外浦からはじまり、五〜六月にかけて半島全体に広がっていくのがパターンです。四月半ばから五月上旬の初期は水深のある輪島大沢地区より、全体に浅い珠洲地区の磯場のほうがエサ盗りに邪魔されず、安定した釣果を期待できます。穴水方面は富山湾の深層水と立山連峰、北アルプスの雪どけ水の影響を受けるせいか、乗っ込みは五月のゴールデンウィークを過ぎた頃から六月にかけてと遅くなります。ただし、流れがないために水温が安定しやすく、水深のある場所では冬〜春に居つきが釣れます。

 五月後半からは水温が上昇し、それに伴ってエサ盗りの活性も高くなりますが、比較的水温の上昇が遅くフグやスズメダイの少ない七尾湾では六月に入ってもオキアミエサが通用します。

 夏の七〜九月は、半島全域でスイカエサによるクロダイ釣りが盛んになる季節。外浦地区はもちろん、内浦地区、半島西部、七尾湾内でもパワフルな夏クロダイの引きを味わうことができます。イカダやカセ釣りでは丸貝でクロダイを狙います。丸貝でアタるものは大型が多いのも魅力です。

 秋の能登半島はエサ盗り天国となってしまいますが、アオリイカのシーズン到来です。磯のスズキもシーズンに入ってきます。

 スイカに反応するあいだはどうにか釣れますが、十月下旬までは練りエサを使ってエサ盗りの隙間を狙います。北西の季節風が吹きはじめる十一月からは海水温も下がり、本格的な落ちのシーズンを迎えます。乗っ込み同様、この時期も珠洲周辺の磯や堤防からよい釣果が聞こえてきます。 全体に水深が浅いため、クロダイがコマセに寄ればエサ盗りは気になりません。

 十一月も下旬になるとまとまった釣果があり、十二月に入るとベストシーズンを迎えます。内浦地区や穴水湾などは潮流が弱いため、海水温が低下してもエサ盗りが残ります。一月いっぱいまでは、潮流が速くて浅いフィールドを選ぶのが正解かもしれません。水温が急激に低下する二月は、水深がある大沢周辺や穴水湾内で居つきの大型を狙えます。季節風が表層を動かし、水深があるために2枚潮や3枚潮になってしまのが難点です。ある程度重い仕掛けで底潮へ入れるのがコツ。コマセの投入点にも注意してください。二月下旬から三月にかけてはオフシーズンですが、底ベタを探ると居つきが食うこともあります。 

 この時期に効果的なのが軟らかいアマエビのムキミ。エサ盗りを気にせずじっくり狙えるせいか、この時期に好んで竿を出す人もいるようです。

それと地元産、生ガキのむきみ、これが特攻のエサなのです。他のエサに見向きもしなくても、これにだけアタル。しかも大型ばかり。

 こうしてシーズンを追いかけてみると、能登は年間を通じてどこかでクロダイが釣れることをご理解いただけると思います。夏は暑さ、冬は寒さとの我慢比べも必要になりますが、エサ盗りだらけの場所でも工夫次第でクロダイが釣れます。風向きに合わせて釣り場を選べるのも半島の強み。

 多彩なフィールド、豊富な釣り場のなかから、季節や天候に合わせて場所を選んでみてください。

※ホームページご覧の皆様へのお願い※
釣り人のマナーは随分と向上したとは云え、まだまだ心無い人たちが居ます。
このホームページで紹介した釣具店などでは、一言お願いすれば、ゴミ袋を持たせてくれますし、ゴミも処分して頂ける筈です。 磯場の平坦部分にコンクリートが打ってあれば、そこは“ノリ畑”ですので夏場でも入らないようにしましょう。
磯釣りの場合、ライフジャケット(救命具)とスパイクブーツは必ず着用して下さい。 携帯電話も防水ケースに入れておくと万一落水した時にも使用できます。
これは堤防やイカダ・カセ釣りであってもお願いしたいと思います。
ゴムボートなどでの渡礁は、地元漁師さんとのトラブルの他、大変危険なのでしないで下さい。

 

アオリイカのエギング

 最近大ブームの「アオリイカ」のエギングは、能登半島全体で楽しめます。九月中旬から十月一杯まで。春アオリも釣れます。九月中旬の初期の「新子」は数は釣れますが、サイズが小さいので釣り過ぎには注意しましょう。

 
上に戻る